Business card

名刺作成は見やすさを意識する

自分を表現するのが苦手、そんな人はオリジナリティー溢れる「名刺」でアピールしましょう。名刺作成は、大きく分けるとパソコンで制作する方法と業者に依頼する方法があります。自分で名刺を作成するのは費用を大幅に抑えられますが、なにかとめんどうです。時間もかかってしまうので、イメージを伝えるだけで制作してもらえるプロに任せましょう。制作業者はホームページを観覧して優良だと思ったところを選びましょう。費用を明確にしている、作業の流れを丁寧に説明しているのは、優良な業者である可能性大です。説明が分かりにくい、費用があいまい、会社情報が不透明なところは外しましょう。
インターネットの口コミの評価を見ておくのも良い方法です。口コミは実際に利用した人の意見をチェックできます。ただ、感じかたには個人差があるので、それだけがすべてではありません。参考程度にしておきましょう。また、遊び心のあるデザインは渡す相手によって失礼にあたる場合もあり、ビジネスには適していません。ビジネス用ならシンプルで見やすいデザインを作成するのがベタです。逆にプライベート用は、顔を覚えてもらえうためにインパクトのあるデザインに仕上げましょう。

名刺作成で私が思う事

「名刺作成」は、面倒だと思い業者に頼んだりしますが、私は出来るだけ自分のパソコンを使い名刺を作成しています。その「名刺」には、個性を出すために、「字体を変えたり」、「名刺の色を付けてみたり」、「プロフィールを載せてみたり」、「写真を入れてみたり」いろいろなことが出来ます。なので、「名刺」は自分の顔や会社の顔なので、「名刺」を相手に渡す時にも、いろいろな「マナー」があります。私は、マナーを守りながら「名刺」交換をやっているつもりですが、「名刺」交換には、人それぞれの理論があるみたいですが、私はこれだけは守っています。「自分の名前が、相手に見えるように渡す。」という事と「頂いた『名刺』はすぐにカバンなどに直さない。」という事です。その事をさせない為にも、私は「インパクト」のある「名刺」を作ろうといつも考えています。
「名刺」の役割は、「相手に覚えてもらう。」という事です。なので、「写真を入れる。」という事は、載せていない「名刺」が多いですが、私はした方が良いと思います。私は、「整体」と言う自営業をしていた時には、「どのような施術をするか。」なども「名刺」に記載していました。「名刺作成」には、ある程度のルールはありますが、個人の「名刺」は、ある程度、個性を出して良いと思います。

名刺作成で「刺さる」名刺を作るために

名刺作成では、最低限必要な要素をしっかり入れて作成する必要があります。「名前を刺すもの」と書く名刺ですが、名前や企業名がしっかり相手の心に刺さるように作りましょう。名刺は会社名、肩書き、自分の名前、連絡先というような項目が最低限重要です。ビジネスの世界では担当者は変わるものですから、自分を売り込むことはもちろんですが、会社をしっかり売り込むことも大事です。肩書きは入れておいた方が良いです。ただし、プロフェッショナルな印象を与えたり、役職として相手に伝わるようなものが望ましいです。役職者の名刺を持っていると何か嬉しい気持ちになりますし、また肩書きから能力が伝わることもあります。
良い名刺ほど、紙がしっかりしているものです。コピー用紙を厚くしたようなものや、手触りが今一つの名刺を出す方もいますが、そういったものを使っていると、会社や肩書きも台無しになってしまいます。名刺はデザインに凝って、カッコよく作ろうという風潮が徐々に生まれていますが、名刺というものがどのような影響を持ち、印象を与えるのかということについて理解が足りない人も多くなっています。基本をしっかり守った上で、カッコイイ作りを考えましょう。名刺は「名前を刺す」ものですから、良い意味で刺さる名刺を作成することを考えましょう。